志カ浦の獅子舞 2010/4/1
石川県穴水町志カ浦の「春祭り」で30
人くらいの児童と志カ浦青年団が春の
日差しを浴びて華麗に踊ります!能登
地方ではここが一番の獅子舞かと思
われます・
大勢の男女児童が天狗役を担う”” 蚊帳の中は3人(頭1人中2人)で青年
団が舞わす

[獅子舞はどこから伝わったか] 

1穴水町の「幸寿し」さんのBlogより抜粋

現在、志ヶ浦で踊られている「獅子舞」についてですが、もともと能登島の向田地区から伝わったものです。

明治の半ば頃、能登島の向田地区は能登でも特に相撲が盛んで強い力士がたくさんおり、また、七尾湾北湾を挟んで対岸にあたる現在の穴水では(当時ですが)志ヶ浦地区に強い力士がたくさんおり、様々な交流があったそうです。

その交流の一環として「獅子舞」が伝わりました。当時は、船で来て数日間宿泊し「獅子舞」を教えたそうです。

天狗役には女子の児童もいる・・・・

2 [獅子舞はどこから伝わったか]
・・・・その際、田畑小右エ門宅に宿泊したとまで伝えられています。そして、以後 近隣の他集落へ伝えたとされています。

私の3代前の先祖が泊り込みで「河内、鹿路方面」「三井町洲衛方面」へ教えに行った話は小さい頃からよく聞きました。

余談ですが、「鹿波周辺の地区」については、向田地区のすぐ対岸なので直接伝わったと聞いています。向田地区の春祭りも志ヶ浦と同じく4月1日みたいです。

村回りに向かう一行

3 [春祭りに踊ります]
志ヶ浦では本来、春祭りに「獅子舞」をおどります。
歴史の途中で秋にも踊ったことはあるようですが、秋は「実った稲穂を食べられてしまう。」ということらしく、他地区では、「秋の収穫を祝うために踊る。」というところもあるみたいです

鉦、太鼓、笛の囃子方は青年団が担う

4 [踊りについて]
大体、小学校1年生から6年生まで「踊り子」、それ以降は「青年団」となりますが、最近は子供の人数が少なくなってきているので、踊りたい子は中学1〜2年生まで踊ります。

各々の年齢に合わせて大体おどりが決まっています。小さい子供から、ゼンカ・チンチクリン・ヤギュウリュウ・ホウダツ・テッポウ・一本棒・二本棒・八尾(ヤツオ)などがあります。

そのほか、刀や薙刀でせりふを言いながら対決する、仇(カタキ)・ナギナタ などがあります。


|TOP|BACK|