沖波大漁祭り 2010/8/18

諏訪神社

8月17日、日が落ちたころ、諏訪のお宮さん近くの立戸組のキリコがまず祭りのはじまりを知らせると共に各地区のキリコを迎えに行く。5基そろって、立戸の浜海水浴場まえを通り諏訪のお宮さんへ、その後、恵比寿崎の恵比寿さんまでお神輿がお旅する。恵比寿崎に着くと、神輿は恵比寿さんの前に。キリコは恵比寿さんの周りをゆったりと優雅に3週ほどまわる。

恵比須神社

穴水町沖波、諏訪神社の大漁祭りは18日行われ、法被姿の男女が立戸の浜からキリコ5基を遠浅の海中に担ぎ出して勇壮に乱舞させ、海の安全と大漁を祈願した。5基のキリコは17日夜から18日4時迄地区内を練り歩き、18日10時に浜に集まった。沖波大漁太鼓が勇壮に打ち鳴らせ後、太鼓や鉦の音の中、担ぎ手らが水しぶきを上げながら海に入り、キリコを水中で引き回し、横一列に並べるなどの演舞を披露した。

沖波漁港の湾内

立戸の浜に集結した五基のキリコ

五基のキリコの勢ぞろい

新生組、北組、中組、拾人組、立戸組の五基のキリコ

キリコに上にのる女子達

キリコの下部

大漁太鼓

立戸の浜に集結したキリコの前で海中乱舞の前に懸命に太鼓を打ち鳴らす壮年団員

キリコの海中遊泳?

キリコの海中遊泳?2

キリコには子供達、太鼓、笛を鳴らして海中乱舞 8月17日夜に恵比寿堂に5基のキリコが集結して乱舞。夜をあかして18日の朝9時頃、5基のキリコが、立戸の浜で、笛や太鼓、鉦を打ち鳴らして海中乱舞する。沖波大漁祭りでは朝から昼にかけて行われる。大漁と海上の安全を祈願するために行われている。
沖では5基のキリコが集結して笛や太鼓、鉦を打ち鳴らして海中乱舞し横列一線に並べる妙技を披露した。

TOPBACK