道下祭り
曹洞宗大本山總持寺祖院
元享元年(1321年)に瑩山禅師が開き、
永平寺と並ぶ曹洞宗の修行寺として栄えて
きました。その後、明治31年(1898年)の
大火で多くを焼失し、本山は神奈川県の
鶴見へと移されました。
道下祭り・曳山@
豪華な曳山や夫婦神輿、こども樽神輿が勇壮
な銕川太鼓や木やり音頭に合わせて集落をに
ぎやかに練り歩きます。神事を行った後、神の
導き役の天狗面をつけた猿田彦を先頭に神社
を出発します。
道下祭り・曳山A
人形を乗せ、住宅の再建工事などが進む通り
に繰り出した曳山=輪島市門前町道下  昨
年の能登半島地震で被害が甚大だった輪島
市門前町道下地区で三十日、二年ぶりの道
下祭りが開幕した。
道下祭り・曳山B
道下祭りは今年三月、道下の仮設住宅前で
行われた震災一年の催しで神輿(みこし)行列
などが再現されたが、名古屋城を模したとされる曳山が繰り出したのは地震後初めてとなった。
道下祭り・曳山C
地震で全壊した美容室を継ぐ三女の角海
妙子さん(51)の手も借り、大河ドラマを見な
がら何度もやり直して華やかな「篤姫」を作っ
た。
道下祭りD
祭りは、猿田彦を先頭に子どもたちの獅子
舞や太鼓、神輿などに続いて曳山が優雅に
通りを進み、沿道の住民や帰省客らが笑顔で
見守った。
夫婦御輿 地震で陸の孤島になった深見地区へ行く道路 深見湾その1
深見湾その2

TOPBACK