笠師秋季大祭 2006/9/9
(一)七尾市中島町で九日、約千年の
歴史があると伝えられる枠旗祭りの
一つ、笠師地区の「笠師秋季大祭」
が行われ、約二百人が先導する猿
田彦に続き三基の御輿と枠旗を担ぎ
地区内を練り歩いた。

祝詞を上げる宮司

(二)同町笠師の管忍比〓神社(すがおしひめ)の境内から同社と末社の御輿、枠旗が、若衆の打ち鳴らす太鼓と鉦の音に合わせ約一キロ先の「椎崎の御旅所」まで渡御下。

猿田彦の後は太鼓

先導する「猿田彦」 三基の御輿が続く

深紅の「枠旗」

神社旗

猿田彦の後は太鼓

長く続く行列


TOPBACK